腋臭の原因

腋臭(わきが)というと独特のにおいがあって、まわりにも嫌な思いをさせる原因になります。それで今回は腋臭(わきが)の主な原因について書いてみたいと思います。実はわたくしも何を隠そうわきがでございます。自分が腋臭であることを知ったのは中学に入ってからですが、そのきっかけとなったのが母親の一言です。「あなたはお父さんに体質が似ているから腋臭の可能性があるわよ。だから気を付けなさいね」
はじめはびっくりしました。自分がわきがだなんて思っても見ませんでしたが、思春期の年頃になってホルモンバランスなどからにおいにも敏感になり、自分がわきがだということに気づいたわけです。ということはわきがの主な原因は「遺伝」ということになります。とくにわきが体質の方には以下のような特徴があります。
1耳垢がねっとりしていていつも黄色っぽい
2体毛が濃い。男性なら髭や胸毛がこい
3着ているシャツが汗で黄ばむ
以上のことが見られる場合はわきが体質です。またこの三つがあたはまらなくても家族の中にわきがの人がいればその可能性はかなり高くなります。実際私は父親がわきが体質ですが、母親はほとんど体臭がないひとです。そうなると子供たち3人のうち2人がわきが体質、一人が無臭の体質で生まれてきたわけです。

私のワキガ対策

 

私は学生時代にふとしたきっかけでワキガであることに気付きました。思春期で恥ずかしがり屋のかっこつけということもあって、もちろんその匂いを放っておくことはできませんでした。それから、まずは薬局に行きワキガに効くものを探しました。
まずは、よくテレビCMでもやっているエイトフォーなどの制汗剤です。スプレータイプで非常に良い香りになるのですが、それを試した所、非常に衝撃的な事実が走ります。なんと、ワキガの匂いが上回ってしまうのです。やはり制汗剤程度ではダメなんだなと気づき次の物を試すことにしました。
続いて試したのが、ギャッツビーなどの汗ふきシートです。これであれば、ワキガを拭き取って良い匂いを付けることができると思い、これなら大丈夫だと確信しました。しかし、またしても効き目はありませんでした。スプレータイプよりは大分もちが良いのですが、やはり結局ワキガの匂いが上回ってしまうのです。
そして最後に行きついたのが、薬用の制汗剤です。ワキガ―ドなどの脇専門の薬です。これが脇の匂い専門というものが多数売っていて、抜群に効果がありました。もちろん治療したわけではないので、数日もすれば匂ってくるのでまた薬を塗るのですが・・・。でも本当は本質から改善できるのが一番だなと思って、他にも色々と対策を考えています。

 

TOP⇒脇汗失敗体験談まとめ


このページの先頭へ戻る